こんにちは、慶應義塾大学法学部の3年生です。
今回は、偏差値帯50前後の皆様向けに、60強まで伸ばす効率的な勉強法をお話できればと思います。

あくまで、私個人の意見になりますので、参考にお読みください(^^)
※前半が高校2年生向け、後半が高校3年生向けの2段構成になっています。

2年生の場合

英語の偏差値が伸びない場合、大きく二つの原因が考えられます。ビリギャルも高校2年生の夏から本格的な勉強を開始していましたが、彼女の偏差値が全く伸びなかったのも、以下で紹介する2つが主な原因です。

英語偏差値を伸ばすためには①―語彙力不足をなくす

学校の教科書だけで大学受験の範囲をカバーするのは、到底不可能なことです。おそらく学校で指定の単語帳を一冊購入されていると思います。その1冊を、高2の間に完璧に仕上げて受験生になりましょう!英単語帳の選び方・覚え方については「英単語帳の選び方・覚え方」をお読みください。

そうすることで、間違いなく来年の英語学習が捗ります。ペースとして、年に数回行われる模試の度に単語帳を一冊復習します。すると、半年で3周程度する計算にはなるはずです。まずその第1周目として今度の模試を期限として頑張ってみてください。

英語偏差値を伸ばすためには②―問題演習不足をなくす―

高2の段階では問題演習の経験はかなり少ないと思います。実際に覚えた文法や単語の「使い方」を身につけなければ実力向上にはつながりません。もし語彙力に自信があるなら、長文の問題集を一冊模試までに仕上げてみるといいかもしれません。音読による復習も効果的です。
長文に関しては「【早稲田・慶應】英語長文読解の勉強法」で説明していますので、是非目を通してください。

次ページでは、3年生の場合はどうすれば良いのかをお伝えします。

アプリから早慶生に相談できます

PAGE 1 PAGE 2

みんなが読んでる記事一覧