慶應は就職に強い!とよく聞きますが、実際どのような企業にどれだけの人数が就職するのか、平均年収はどのぐらいなのか、職場環境は…、などなど、具体的なことは意外と知らなかったりします。

今回の記事では、「就職先」に絞って慶應卒業生の進路状況データを詳しく見ていきましょう。まずは経済学部・商学部・文学部の3学部からどうぞ!

早慶の就職は以下からもご覧になれます。
→「慶應って本当に就職強いの?
→「学部別にみる慶應生の就職先-法学部・総合政策学部・環境情報学部編-
→「早慶カラーの違いが分ける就職先の違いと年収格差
→「学部別にみる早稲田生の就職先-政治経済学部・法学部・商学部編-
→「学部別にみる早稲田生の就職先-文学部・文化構想学部編-
→「学部別にみる早稲田生の就職先-国際教養部・社会科学部・教育学部編-

慶應義塾大学経済学部

経済学部はどんな業界で働く?

経済学部
(参考:http://www.gakuji.keio.ac.jp/life/shinro/3946mc0000003d8t-att/2_jokyo_2014.pdf)

具体的な会社名は?

続いて、慶應経済学部生の2014年度上位就職先ランキングです。

 経済学部
順位 会社名 人数
1 みずほフィナンシャルグループ 45
2 三菱東京UFJ銀行 28
3 三井住友銀行 24
4 野村證券 20
5 大和証券 19
6 三菱UFJ信託銀行 18
7 東京海上日動火災保険 17
8 SMBC日興証券 15
9 三井住友海上火災保険 14
10 りそなグループ 13
11 楽天 12
12 日本生命保険 11
12 三菱商事 11
14 新日本有限責任監査法人 10
14 東京都 10
14 三井住友信託銀行 10
17 日本政策金融公庫 9
17 富士通 9
17 明治安田生命保険 9
就職者数 1018

(参考:http://www.gakuji.keio.ac.jp/life/shinro/3946mc0000003d8t-att/1_joi_2014.pdf)

上位は、銀行・証券・保険会社でそのほとんどが占められています。

PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3

みんなが読んでる記事一覧