早稲田教育学部志望の場合、文法参考書は何週もすべきですか?

教育学部では文法の単独出題がされないと思うのですが、ネクステ等は何周もやるべきなのでしょうか?

それとも文法の講義書などで全体像をつかめばネクステ等を挟まずに解釈や長文にうつっても大丈夫でしょうか?

回答者:早稲田大学教育学部教育学科教育学専修3年生

私は基礎的な文法の薄い参考書2〜3冊をそれぞれ1周したくらいで、他は文法に関しては学校の授業を受けていただけでした。
ちなみにネクステは使ってなかったので詳しくはわからないのですが、あしからず。

結論から言えば、教育学部が第1志望でしたら文法書を何周もする必要はないと思います。
教育学部の英語は量が多いだけでそんなに難しくありませんから。

しかし、長文読解に支障が出るほど文法事項がわかっていなかったり併願校でよっぽど難しい文法問題が出る場合は特別に対策した方がいいかもしれません。

私の場合、比較的英語が得意で、第1志望の早稲田教育学部と滑り止めの大学(関東で言えばMARCH下位から成成明学クラスですかね)との難易度の差が割と大きかったので、文法に関してはあまり時間をかけて対策していませんでした。

アプリから早慶生に相談できます