慶應に合格するためには、ネクステ以外にも文法問題集をやるべきか

慶應文学部と法学部を志望する高3です。

慶應に合格するためには、ネクステの他にも文法問題集をやるべきでしょうか?

ネクステのみですと、和文英訳や、英作文、長文読解などで苦労しますか?

回答者:慶應義塾大学経済学部1年

文法はルールでしかないので、「大体わかった」と感じてからはひたすら単語力を鍛えつつ長文読解や英作文で演習を積んでいました。

4,5月で「文法はかたまった」と思ったので、それ以降は本当に一切「文法の参考書を開いて…」というような勉強はしませんでした。(経済学部では文法の正誤問題とかは出題されない傾向にあったのでそういうカンが必要なかったというのが大きいです)

「忘れちゃうから定期的に問題集で文法の復習した方がいいよ」とか言っている人がいましたが、「忘れる?なんで?」って感じでした。

普通に英文を読みまくっていたら、文法力は衰えませんし、むしろ補強される一方です。(正誤問題のカンは別の話です)

ぼくはネクステをやらなかったので分からないのですが、長文を読んでみて構文がつかめるのなら問題ないってことです。(正誤問題が出題されるところを受けるのなら話は別です)

まずは問題を解きましょう。

英作文に関しては、いかに簡単な文法と単語で自分の考えを伝えられるかってところなので、基礎さえしっかりしていれば大丈夫です。

練習あるのみです。

あと、ポレポレは絶対読んでください。

ぼくの「『大体わかった』が『文法かたまった』」に変わったきっかけです。

みんなが読んでる記事一覧