模試の直しはどのくらいの時間をかけて、どの程度丁寧にやるべきか

今日、慶應大学のオープンキャンパスに参加させていただきました!

そこで実際に学生の方々に質問をさせていただいたのですが、模試の直しをどれくらいしていたかを聞くと、あまりしていなかったと言われてしまいました。

塾や学校では模試の直しをすごく勧められていたので私は今までかけすぎかな?と思うくらい丁寧に直してきたのですが、正直時間かけすぎかなと思ってます。

あまりしていなかったと言われて、これから今までどおりやっていくべきなのかどうか迷っています。

早慶の先輩方ははどのくらい時間をかけて丁寧にやっていましたか?

模試の直しに時間をかけるより、インプットやアウトプットに時間を費やした方が良いですか?

回答者:早稲田大学社会科学部社会科学科1年生

私は、あまり直しはしてませんでした。それより間違えたところをチェックして、自分の参考書に印をつけたりしていました。

模試は、弱点の発見には役立ちますが、それ自体を勉強することで力がつくように作られている訳ではありません。

そう考えると、模試の問題を勉強する!と意気込むよりかは、模試で間違えたところを参考書などでチェックし、そちらをすすめた方が力がつくとは思います。

もちろん、模試の直しを丁寧にするのは悪いことではありませんよ。それがあなたの勉強法として確立しているなら無理にやめる必要は無いと思います。

ただ、自分でオーバーワークかな、という思いがあるなら、私の回答も参考にしてみてください。

みんなが読んでる記事一覧