現代文が思うように伸びません。国語は運で決まる、という人もいるのですが本当なのでしょうか。(相談日:2016.09.01)

夏休み現代文頑張ってきたつもりだったんですが今日受けた東進マークの国語が2年の時と変わりませんでした。しかも、前までは100点を下回ることは無かったのにびっくりしました。
英語は2倍近くなってるのに、国語だけが全く伸びません。また安定しません。
運ゲーとか周りは言うんですけど、違うと思ってやってたのにモチベが消え去ってしまいました…。
国語って力がある人は英語のように安定させれるのでしょか?

回答者:慶應義塾大学法学部法律学科1年生

初めまして。
国語は運、なんてことはまったくありえませんよ。運だ、という人は力がないのをごまかしているだけです。
私も以前国語の点数が取れなくてこんなの運だ!と思っていましたが、きちんと論理的に考えて基礎を積み上げていった結果、センター関係は追試でも9割を下回ることはなくなりました。

センターの国語は半分が古文漢文ですので、ここで点数を取るのは大前提になってきます。即戦力になる科目ですから、基礎をしっかり叩きこんで早めに点数を安定させましょう。
現代文ですが、選択肢を見る前に一瞬答えのあたりをつけてみてください。つまり、これが理由だな、とか説明だな、とかいったことを選択肢を見ないで考えてみるということです。選択肢をじっくり読んでしまうと全てが正解に見えてきたりするかもしれませんので。
また、選択肢を切るときは必ず、どこが違うと思ったのか、印をつけておきましょう。復習・見直しの時に必ず役に立ちますし、論理的に考えることが出来るようになりますよ。

頑張ってくださいね。応援しています。

アプリから早慶生に相談できます

みんなが読んでる記事一覧