地方進学校に通う慶応文学部志望の高2です。病気がちであまり勉強が進んでいないのですが、これからどのような勉強をしていくべきでしょうか?(相談日:2016.09.23)

地方進学校に通う慶応文学部志望の高校二年の者です。
私は体調を崩しやすく、高一の三学期から高二の一学期はほとんど授業に出れませんでした。しかも五月から一ヶ月半ほど入院してしまって良くなった今も丸々一週間はとても行けず、学校へ行くのが精一杯で帰ってからはすぐ寝てしまうような状況です。
やる気を無くし、進学を諦めようとしていた時に慶応を興味本位で見に行き、どうしてもここに行きたいと思って必死に取り戻そうと勉強しているのですが、無理をして学校へ行けなくなっては話にならないし、いつ病状が回復するかの見込みも立っていません。
また、私よりもうんと賢い子達でも慶応の偏差値より低い所を狙っているような感じで、こんな私が当然慶応なんておこがましくて誰にも先生にだって言えません。
でも、病気を理由にして行きたい大学を諦めるのも辛いです。

高二の秋、どのような勉強をしていくべきですか?それとも慶応はもう諦めて下げた方がいいのでしょうか?
長文すみません。

回答者:慶應義塾大学法学部法律学科1年生

質問者さんが悩んでいるのがよく分かりました

高2のこの時期では、ただでさえこれからやるべきことを決めようと悩みが多い時期なのに
質問者さんの状況では尚更ですよね

自分も慶應のオープンキャンパスに興味本位で
行って、慶應の雰囲気が気に入って
志望校に決定しました

それまでの成績では
慶應はおろか
他の大学も受からないほどの偏差値でした

自分の場合、友人 ・家族・教師など周りの人たちが無理だと声を上げるのではなく
頑張れとサポートしてもらえたので
本気で受験勉強に取り組むことができました

まずは英単語の基本的な単語や日本語の基礎知識をつけることから始めます

国語は3年からで問題ないです

受験勉強は1人でやるものでもあり
大勢でやるものです

周りのサポートしてくれる人に
感謝しつつ
勉強に励んでください

諦めないで!

みんなが読んでる記事一覧