早慶合格のためには、予備校の授業は切らずに全て受けるべき?(相談日:2016.10.07)

予備校の先生方は、みんな口をそろえて
「やっぱり毎年受かってるやつは1つも授業切らないでしっかり復習をやっていた」といいますが、少し疑問を感じてしまいます。じゃあ授業を切らないで真面目に受けていれば誰でも受かるのか?みたいな…。だるいから授業を切る、というのは良くないと思いますが、自分で自習した方が伸びると思ってもやはり授業は切るべきではないでしょうか、それとも授業の大切さがわからないという時点で自分が悪いのでしょうか…?(この前仲の良かった先生の授業を切ったらツイッターに愚痴みたいなことをかかれていてとても幻滅してしまいました。苦笑)
過去問をバンバン解きたい時期でもあるので、悩んでいます。アドバイスお願いします(・・;)

回答者:早稲田大学政治経済学部経済学科1年生

自分がその授業を受けるよりも自習していた方が自分のためになる。と思うのなら切ってもいいと思います。
この時期になると受験生ごとに実力は変わってきますし、本番も近いですから、自分の足りない部分を補える勉強を行うのが一番です。もし授業に出ても得るものがないと思うのならば、切っても構わないと思います。実際、私が予備校に通っていた頃、授業を切っている人が結構いましたが、その中にはちゃんと早慶合格者がいます。

ただだるいから切るのではなく、自習に専念するために切るというならば、ためらいなく自習していて構わないと思います。

本番まで残り少ない時間しか残されていませんので、悩んでいる時間が一番勿体無いです。ただひたすら自分に足りない部分を補強していき、本番まで勉強してくださいね!

みんなが読んでる記事一覧