慶應文学部の英語の和訳問題の対策として、ポレポレを今からやるのは効果的ですか?(相談日:2016.11.07)

慶應文学部の勉強や受験に関して、質問が3つあります。

①慶應文学部の英語の和訳問題の対策として、ポレポレを今からやるのは効果的ですか?

②受験会場には、英和辞書、しかも古いもののみを持ち込む予定だったのですが、先輩に和英辞書がないと致命的だと言われました。そうなのでしょうか?

③学校の先生に聞いたところ、慶應文学部に受かる人は辞書は引かない、と言われたのですが、そうなのでしょうか?

よろしくお願いします。

回答者:慶應義塾大学環境情報学部2年生

①どちらでもいいと思います!自分はそういった類いの問題集はやりませんでした。長文読解をしつづければ和訳力も上がると思うので…。基本的な構文把握ができている、代名詞が何を指しているのかわかる、自然な訳し方ができているのであればやらなくても大丈夫でしょう。

②と③は同時に答えますね。
基本、慶應文の長文読解のレベルであれば辞書はほとんど使いません。語彙レベルが難しいとも言われていますが、全然そうは感じませんでした。難易度だけなら法学部や経済学部の方が高いと思います。
自分は和英が少しだけ載せられた英和辞書1冊のみ持ち込みました。辞書を使ったシーンは、和訳問題で「自然な訳し方」をしたいと感じた時に適する語を探す程度のみでした!辞書に関してはそこまでこだわる必要は全然ありませんよ!

志望大学の資料を請求して受験モチベーションを上げよう。今なら同時請求で図書カードをプレゼント!

アプリから早慶生に相談できます

みんなが読んでる記事一覧