独学での英語の参考書について

早稲田大学志望の高3です。

わたしは塾で英語をとっておらず、今までもこれからも基本的には参考書で独学で勉強することになります。しかし、自分のやっていることが合っているのか、受験までに早慶レベルまで持っていくことが出来るのかが不安です。(現在の英語の偏差値は河合で60くらいしかありません)

そこで、私が夏休みから受験に向けて過去問を解く前段階として取り組もうと思っている参考書を書き出すので、この参考書は良くない、これもやった方がいい、などがありましたら、教えていただきたいです。

『英文法』
ネクステ→全解説実力判定英文法ファイナル(難関大学編)

『解釈』
英文解釈の技術100(基礎)→ポレポレ

『長文読解』
やっておきたい英語長文500→700→1000

『英単語・熟語』
システム英単語+リンガメタリカ→鉄壁
速読英熟語→解体英熟語

『英作文・和文英訳』
ドラゴンイングリッシュ

(※→は順番を表しています。)

世の中にはたくさんの参考書があるので、これだけで大丈夫なのか不安になります。なるべく評判の良いものを少なくてもしっかりやりたいと思っているのですが、先輩方から見てこれで大丈夫でしょうか?教えていただけると嬉しいです。

回答者:早稲田大学商学部

これだけあれば参考書としては十分だと思いますよ、逆に単語帳に関しては多すぎだと思いますよ、シス単→リンガメタリカと過去問でできた分からなかった単語を自分でまとめたものを作っといたほうがいいですよ、驚くほどおなじ単語が出てきます!秋から過去問を本格的に解き始めると思いますが、最初は全然解けません、ですが、きっちと復習を何回かすると必ず解けるようになるのでそれまでがんばってください

みんなが読んでる記事一覧