試験で緊張して焦った時

慶應志望の高3です。

こないだの模試で、1回わからない問題が出ると全部わからなくなって頭が真っ白になりました。落ち着こうと思って問題を読もうとしたんですが、気持ちが焦って時間が足りなくなり、普段通りの実力を出せませんでした。

普段は全く緊張したり焦ったりしないのでとてもショックです。こういう体験をした方がいらしたらどのように乗り切ったのか教えてください!

回答者:早稲田大学社会科学部 seechanさん

焦って実力を出せなかった。。。

実はこれが本番と練習の一番大きな差です。

今回質問者さんは、模試を本番と同様に取り組んだからこそ、このような焦る経験をしたのだと思います。

ぜひこの経験で落ち込まないで、本番前によい経験をしたと捉えてもらえたら良いと思います!

まずは今回の模試を改めて解き直してみて、落ち着いて解いてみたらどれくらいできるのか確認してみましょう。

そして本番で実力を出すためには、”自分のペースで、解ける問題から確実に解いていくこと”が大切です!

そしてそれには過去問研究と研究したことを本番に活かすことが大切になってきます。

以下は私のやり方ですが参考になれば幸いです。

(過去問研究)
1.過去問を何年分かやり、大問ごとに何分ずつ解くかどの順番で解くかを決める。
*この時に解く順番は、解きやすい順番から集中しやすい順番からとく。

2.上記で決めたことを学部ごと科目ごとに1枚の紙にまとめておく。
*この紙は本番にもっていく。

(本番)
1.試験開始前に上記の紙を見て大体何分くらいで解くか把握。

2.開始30秒で全部の問題をざっと眺め、過去問と異なっていないか確認すると同時に、解く目安の時間をそれぞれの大問に
書き込んだ後、解き始める。

3.問題を解くときはとにかく解ける問題からとく。分からない問題は、勘で答えておき、後で戻れるよう印をつけておく。

入試は満点を取る必要はないので、分からない問題があっても焦らなくて大丈夫です!

分からない問題はみんなも解けない。そう思って、できるところから確実にやっていきましょう!

応援しています!

みんなが読んでる記事一覧