慶應経済 英語

慶應経済の英語の配点は長文90英作文110説と、長文7,8割説がありますが、どちらだと思いますか?

回答者:慶應義塾大学経済学部 gerrar0303さん

こんにちは。

僕は2013年に慶應経済に合格しました。

慶應経済の形式は少し特殊で以下のようになっています。

英語200点
数学(地歴)150点
小論文70点

これが全体の配点ですが、英語の90点、数学の70点の計160点の範囲が第一段階選抜の対象となっており、一定得点を超えないとその他の部分が採点されず不合格となります。

この英語の90点、数学の70点は共にマークの部分であり、特に英語だと長文全てが対象となっていますから、長文90点、英作文110点と考えるのが自然です。

長文パートで8割前後取れるようにすること、そして何よりこのレベルで問題なく英文を書けるようにすることが慶應経済合格のために最も必要な事だと言えるでしょう。

長文、英作文バランス良く学習されることを強くオススメします。

みんなが読んでる記事一覧