sfc

慶應の総合政策学部と環境情報学部ではどちらが受かりやすい、対策を立てやすいなどはありますか?

回答者:慶應義塾大学総合政策学部 Jou1211さん

こんにちは。回答させて頂きますね。
まず、慶應の総合政策と環境情報の違いを簡単に説明します。

総合政策は英数が環境に比べて1段難しくなっており、合格点を取るには帰国子女レベルの語学力をつける必要があります。
一方で小論文の難易度はそこまで高くなく、資料を要約したり説明する問題が出題されるため素晴らしい発想力などはそこまで求められません。
自分はアイデア力に自信がなかったためこちらを受験しました。
英数(どちらか一つでも可)の学力がある程度あれば対策は立てやすく、他の受験勉強とも併用がしやすいと思います。

環境情報は逆で、英数は1段簡単になりますが小論が特殊なものが多く、柔軟な発想が必要とされます。
そのため小論に対策を割く割合がおおくなるため他の受験勉強との併用が難しくなるかもしれません。
しかし実際学力がそこまで無くてもその場で良い発想が出来れば受かる可能性もあるため、ワンチャンスを掴みにいくのであればこちらをおすすめします。

以上の点を踏まえて考えて頂ければ良いかと思います!

みんなが読んでる記事一覧