ホテルについて

僕は地方出身で東京で受験するために1週間ほどホテルに泊まることになりました。そこで質問なのですが、参考書などはどのようなものをどのくらい持って行きましたか?あとホテルではどのように過ごしていましたか?御回答よろしくお願いします。

回答者:早稲田大学創造理工学部 ryuhei0601さん

私も地方出身で、受験時に4日ほど東京のホテルに泊まりました。

私は、今までやった参考書、問題集、過去問、模試の結果、ノートはほとんど全て持って行きました笑
当然すごい量になりましたが、服を必要最低限にして、キャリーケースに詰め込みました笑

ほとんど全て持っていったのは、ホテルでやるためではなく、自分の努力を振り返るためです。
ホテルで、持っていったものを広げて「俺はこんなにやったんだー!我ながらすごいなー!」と自分を褒めました。

受験の前日は相当な焦り、不安がくるものです。
その際にその不安から助け出してくれるのは、自分のやってきたすごい量の努力だけだと思います。

ホテルでは、多少勉強もしましたが、軽く過去問を見る、解く程度にして持って来たものをペラペラめくってました笑

この参考書やってた時は、英語苦手だったなーとか、この問題はあの模試に出たんだけど解けなかったんだよなーとかペラペラめくるだけで様々な勉強の思い出が呼び起こされました。
いろいろ苦難はあったけど、自分は今日まで頑張って来たんだ!最後までやりきったんだ!後は明日やるだけ!と思ったら自信が湧いて来ました。
そのおかげで、会場に行っても特に焦ることなく普段通りの自分の実力を出せました。

センターも終わり、本当にラストスパートですね!
最後まで諦めないで、自分を信じて頑張ってください!
そして試験前日は是非、自分の努力を振り返って自分を褒めてあげてください。
きっと自分のやって来た参考書があなたに最高の自身をくれるはずです!

みんなが読んでる記事一覧