早稲田大学の厳しさ

高1です。政治経済学部志望です。
しかも、創立以来早稲田大学が受かったような人がいないような学校にいます。

(筑波大学、上智大学、Marchレベルはよくありますが….)

そんな私には現実見ろ、身の程を知れとの声がよく来ます。

よく、早稲田大学は私立最高峰の難関大学だと耳にします。

正直、それを聞いてもまだ甘く見ている自分がいます。
そんな私に早稲田大学という大学の厳しさを教えて下さい。

また、創立以来早稲田大学に受かった人が居ないような学校でも、早稲田大学に受かることは可能ですか?
あのような言葉を投げかけられた為、自信が消えかけています。

回答者:早稲田大学社会科学部 umeadiさん

現実を見ろ?そんな言葉は僕は大嫌いです。現実をみて何もやらないやつの方がよっぽどださい。ちゃんと自分がやりたいこと、自分の夢に向かって泥臭くても必死で努力している人の方がめちゃくちゃかっこいいし素敵だと僕は思います。やっぱり生きている以上何か夢に向かって努力していた方が楽しいし毎日が充実すると思います。

僕の高校もあんまり頭が良い学校じゃなかったのでお気持ちはわかります。きっと偏差値70とかあるような超進学校に通っている人なら早稲田なんか余裕で受かってしまうのだと思いますがやはり僕みたいな頭の悪い人は死ぬほど努力しないと入れません。まず数字でその例を示してみます。

早稲田の商学部や社学は特に倍率が高く約10倍ほどです。これがどういう数字かわかりますか?10人いたら1人しか受からないんです。その一人にあなたはならなくてはならない。試験場を想像してみてください。あなたの前後横斜めのひとは全員落ちるんです。受験はそういう世界です。しかも早稲田となると受験者層もある程度は高くなってきます。なのであなたが戦う相手には超進学校に通う人などもいます。そういう人と戦っていかなければいけません。別にその人たちに勝つ必要はありません(合格点さえ取れば良いので)。

あなたが今どんな学力であろうとどんな学校に通っていようと受かる可能性は十分あります。まだ高校1年生なので時間はたくさんあります。現実ばかり見てなにもしないようなださい人間にはどうかならないでください。しっかりと夢に向かって輝きましょう!

みんなが読んでる記事一覧