私文第1志望について

こんにちは。

私は慶應義塾大学の経済学部を第1志望としています。
しかし、学校は国立志望のひとが大半で、先生方も国立大学を非常に推しています。
はじめから私立に絞るのはやめたほうが良いと言われるのですが、私は行きたい大学も学部も決まっています。また、数学が苦手だから私立にするというわけでもありません。むしろ、経済学部なので数学受験するつもりです。
もちろん、先生方がおっしゃることはわかります。国立志望から私立志望に変えることはできますが、逆はできないです。

どうしたら良いでしょうか、やはり国立をはじめは目指すべきですか?

どなたか答えていただけると幸いです。

回答者:早稲田大学人間科学部 たーもーさん

質問者さんの仰る”先生方”は、質問者さんの人生に対して何の責任も取ってくれませんよ。先生の意見に合わせて自分自身の慶應に行きたい気持ちに蓋をしながら勉強して、仮に国立大学に行くことになったとしても後悔しませんか?
もちろん先生方は大人ですから自分たちの社会経験も踏まえた上でそういった意見をくれているのだと思います。私ももし先生方の立場だったら、国立をまずは目指せと言うかもしれません。
ですが最後の最後にどうするかは必ず自分で決めてください。先生や親御さんに言われたから〇〇することにした、みたいに自分の決断を誰かのせいにしてはいけませんよ。
第三者として無責任ですが客観的な意見を言わせて頂けるのであれば、行きたい学部まで決まっているのであれば国立ではなく慶應第一志望で行った方が良いと思います。第一志望でもない国立の対策に多くの時間を割くのは、慶應合格ということに焦点を当てた時の費用対効果が良くありません。
先ほども言いましたが、とにかく最後は自分で決めてください。これは突き放しているわけでも他人事だと思っているわけでもなんでもなく、そうしないと質問者さんが必ず後悔すると思うからです。
国立志望でも私立志望でも、ご自身で決断した結論なら仮に後悔はしても納得ができるはずです。
良い決断ができることを祈っています。

みんなが読んでる記事一覧