英語の単語帳について

早稲田大学の文学部志望のものです。
今単語帳でシス単を使っているのですが、シス単を完璧に覚えれば早稲田大学に合格できますか?それとも単語王などより高度な単語帳を勉強した方がいいでしょうか?

回答者:早稲田大学人間科学部 たーもーさん

こんにちは、早稲田大学に通っているものです。
結論から申し上げれば、シス単だけでもダメなことはないが少し不安、といった感じでしょうか。
シス単は現役時に私も使用していましたがたしかに1単語につきミニマルフレーズ(名前違っていたらすみません笑)とかいう短めの文みたいなのが付いていますよね。あれはコロケシーションの中で単語をインプットできるので、実際にただ単語だけ覚えるのでなくより長文等で見かけやすい形で覚えることができると思います。
収録されている語彙数も豊富ですし後ろには多義語の項もあるので、9割以上インプット出来れば基本的に早稲田レベルの問題は十分読めるようになると思います。
ただ早稲田の場合、学部によっても異なりますが文系の人にもゴリゴリの理系の英文を読ませたり、背景知識があるとないとじゃ英文の理解度に大きく差が出る文章も平気でポンポン出してきます。
もちろん暗記が全てではないですが、やっぱり知っているだけで得できちゃうことも多いんですよね…笑
なのでまずはシス単を夏休み前までに8割以上覚えるのを目標にして、クリアできたならば夏休み以降はシス単の残りの部分と早稲田で頻繁に出る科学的文章を多く読みながら単語も覚えられるリンガメタリカとの併用や、絵も書かれていて単語に視覚的なイメージを加えやすい鉄壁等を二冊目の単語帳として使っていけたら一番安心だと思います。(ここら辺は個々人の好みの部分も大きいので単語王でも全然大丈夫ですよ。)
もちろんシス単が全然終わらないよ〜って場合は、まずはシス単を先に終わらせてくださいね。
英単語は英語の核になる部分です、頑張ってください。また何か追加で聞きたいことがあれば遠慮なくコメントとかしてくださいね!

みんなが読んでる記事一覧