浪人 甘えてしまう

僕はある事情で学校をやめ、いま高校三年生なのですが浪人のような生活をしています。東進衛星予備校には通っているのですが友達もあまりおらず、近くに同じような状況で高め合おうという仲間もいません。
自分には時間があるから。と甘えてしまう毎日が続いてて、1日勉強をしなかったり、そんな甘えた自分が嫌になって自己嫌悪に陥ることが多々あります。予備校のチューターさんや親にも相談しているのですが上手くいかないことが続いて…いまとても悩んでいます。
もし同じような境遇だった方や、浪人生の方で同じような経験をした方がいらっしゃったらお返事お待ちしております。(拙い文章で申し訳ありません)

回答者:慶應義塾大学経済学部 キリンマダラさん

こんにちは。一浪を経て慶應経済に進学しました。

まず、質問者さんに問いたいことがあります。
「本当に時間は余るほどありますか?」ということです。
早慶を受験する人の中には、高校1年生から早慶を視野に入れて勉強をしている人、早慶を滑り止めにしてくる東大、京大志望の人、超進学校の人達、がいます。
実際、慶應経済に進学しましたが、慶應には東大、京大落ちが7割、第一志望が2割、他1割といった感覚です。
そして、開成、ラサールや麻布高校などの進学校出身の友達が周りにゴロゴロいます。
そう言った、勉強において素晴らしい能力を持った人達と戦わなければならないとことを覚えおいて下さい。

そして、その人達に勝つには3科目なら負けないくらいの実力をつけなければなりません。
厳しいことを言っているように聞こえるかもしれませんが、そのくらいでないと合格は勝ち取れません。
首都圏大学の定員削減で、年々厳しくもなっていて、来年はさらに厳しくなる予定ですし、、、

この話を聞いて、「時間があるか、ないか」を判断するのは質問者さんご自身です。

でも、浪人期間は長いので、週1日だけ休むなどメリハリをつけることは大切ですので、そのくらいなら大丈夫です🙆‍♀️
心身健康な状態を保つのも受験生としての義務ですし!
是非、第一志望に合格して下さい!応援しています!

みんなが読んでる記事一覧