現代文とは

現代文には語彙力読解力解法があると思うが、もし本当に基礎からやり直すには漢字マスター1800.言葉は力だ、決めるセンター現代文で良いのだろうか。私は今年から受験生だが漢字の勉強法や、語彙力はどこまでの詰め込みかが正直わからない。それはもちろん漢字の意味を覚えるのに越したことはないので最終的には目指すが。
話は逸れるが一日の勉強法比重は英語を二年生からそこそこやりシス単など意味ならほとんどすぐ答えられる場合、日本史など手をほとんどつけていないのを一気に通史するのが賢明だろうか?

回答者:早稲田大学人間科学部 ごえもんさん

現役生で早稲田を第一志望にしている場合、足を引っ張るのは決まって日本史です。早稲田は慶応に比べて日本史の比重が重いです。故に日本史が苦手な人は早急に対策をするべきでしょう。しかし時間に余裕がある人を除いて日本史をやり過ぎるのは良くありません。どんなにできたと思っても2年、3年真剣にやってる浪人生には勝てないからです。
英語、日本史、現代文、古文漢文
の優先順位にしましょう。

英語は浪人しても成長しない人が多数いるので(私もそうでした。早稲田上位学部不合格の一因です)最悪英語は早稲田でも余裕合格レベルにしましょう!
日本史は夏までに総復習をし、夏の河合模試で9割を最低でも取る必要があります。冬まではマーチの過去問を繰り返して抜けている部分やテーマ史(ノーベル賞史、女性史、社会経済史、資本主義史、土地史など)を勉強しましょう。勝負期は早稲田の過去問を繰り返し、選択肢問題になれるのが一番効率が良いでしょう。

さて、国語ですが、早稲田に限っていうなら漢字の練習はほぼ無意味です。その分簡単な大学(センター試験はダメ)の過去問を繰り返すのが良いでしょう。背景知識(西洋の主客分離、二元論、日本の協調文化、アイデンティティ論、芸術論など)を身につけると商学部や社会科学部、教育や人間科くらいなら満点取れます。

みんなが読んでる記事一覧