早稲田の4技能試験について

早稲田の文学部、文化構想学部を受験する際にTEAPを利用した試験を受けるか迷っています。TEAPは年に3回受けることが可能だと調べて分かったのですが、早稲田の英語の試験を免除するためにTEAPで合格得点を目指すのは時間の無駄でしょうか?どうしても3教科の中で英語に自信が持てないので、すこしでも心の負担を軽く出来るならTEAPを利用するか迷っています。
拙い文章で申し訳ありませんがどなたかアドバイスいただけますと幸いです。

回答者:早稲田大学文化構想学部 CERISIERさん

私は、文化構想学部受験にTEAPを利用しました。私の感覚としては、TEAPはほかの英検に比べて、対策がしやすく、努力の結果が現れやすいと思っています。
そして、TEAPが受験生向けの試験であるため、全年齢対象の英検で準一級を目指すよりは、基準を目指しやすいかと。
TEAPを勉強したからといって、早稲田受験に支障をきたすことはありません。実際に、私は、11月から滑り込みでTEAPの勉強を始めました。
2科目ということもあり。精神的、体力的にもおすすめです。

みんなが読んでる記事一覧