自分自身を知るということは?

よく親に、自分自身を知ることができなければ成績は伸びないと言われます。自分自身を知るということはどういうことなのでしょうか?また、大学受験に成功するためにはこのような事が必要なのでしょうか?

回答者:早稲田大学スポーツ科学部 taka37さん

必死にやる事だと思います。当たって砕けろという言葉がありますが、本当に当たって砕けた人を見たことは残念ながらありません。友が死のうとも、受験に落ちたとしてもです。

自分を知るとは、就活でも幾度も言われることです。けど言わせてください、そんなん分かったとことろで点数取れますか!?笑
自分を知ろうが他人を知ろうが、それは結構です。けど受験だけは皆平等です。
父親がいなくても、ホームレスでも、点数を取れば受験に受かるのです。いくら裕福でも、点数が取れない人は落ちます。
つまり何が言いたいかというと、受験においては点数が全てです。
頑張ったからいいや、とか、本当だったら…とか、関係ありません。運が良かろうと悪かろうと当日の点数が全てです。
シビアに考えてみてください。

後ろを振り返ると道が出来てた事に気付くという言葉があります。夢中になっていると、当の本人が気付かないうちに、成長しているものです。そして成長を実感しながら生活することは滅多に無いのです。
受験は辛いです。成長してるのか、点数が伸びたのかは正直言ってわかりません。それはセンター本番、早慶の受験日に分かることです。
一つ言いたいことは、最後まで走り抜いてください。いくら点数が低かろうが、e判定であろうが自分の中に絶対があれば、周りの雑音など気にならないものです。
必死にやった暁には、あなたの後ろに道が出来ているでしょう。人によっては平坦です。人によっては険しいです。けどその道を振り返った時、自分が納得できれば幸せですね😉

みんなが読んでる記事一覧