休憩の挟み方

勉強していて休憩を挟む時は、

「60分やったら5分」「90分やったら10分」のように時間で区切るか、

「この10ページだけやったら10分」というようにやった量で決めるか、どちらがいいですか?

(そんなの人によって違う、とは言わずに出来れば理由も含めてお願いします笑)

回答者:早稲田大学法学部 nikkel28さん

キリがいいところで終わりにすると次に始めるのが億劫になると聞いたことがあります。そもそもわたしは大体1時間くらいで集中が切れるので、基本的には量に関わらず1時間ごとに休憩を入れていました。
けれども量で決めるのもいいと思います。調子に乗っている時に、でも1時間たったから休憩!としてしまうと再開してもその調子を崩してしまうかもしれませんよね。集中できる時間や、1度に取り組める量は人によるので、今のうちに自分にあった方法を見つけ、それで勉強するのが一番です。
ただ、予備校の先生には学校の時間割と同じスケジュールで動くのが一番いいと言われました。何個か紹介しましたが参考になれば幸いです。

みんなが読んでる記事一覧