模試の点数が上がらない

今春から高3の受験生です、
早速質問させていただきます。僕は早稲田志望なのですが、同日模試から1ヶ月おきくらいにセンター過去問を解いているのですが大抵が 英語8.5割 国語4〜6割(古漢が3割程度) 日本史5割で全く伸びません(現代文に関しては満点取れるときもあれば、半分くらいしかとれないときもあります。)
12月に同じ質問をしたら「まだ全然間に合いますよ」などというコメントを頂いたのですが、4月にもなって全く伸びていないとなると早稲田合格は厳しいでしょうか?
本当に悩んでいるので是非ご回答よろしくお願いします

回答者:早稲田大学人間科学部 たーもーさん

結論を先に述べると日本史は普通に間に合いますが、国語が黄色信号といったところでしょうか。
多分、勉強のやり方が間違っているんだと思います。
特に現代文は伸びるまでに時間がかかりますし、伸び幅もグンッと一気に伸びるのではなく小刻みに少しずつ上がって行くイメージです。早急に対策しましょう。「現代文読解能力の開発講座」という問題集があるので、夏休みまでに3周してみてください。必ず相当な安定して高得点が取れる力がついてくるはずです。難しかったら「現代文のアクセス 基礎編発展編」でも大丈夫です。
古文はまず単語、そして文法、最後に問題演習です。自分に合いそうだと思った単語帳で構わないのでなるだけ早く一冊覚えきってください。目安としては夏休みに入る前に、最低でも見出し語は全て覚えたいですね。文法は「古文上達基礎編」で大丈夫だと思います。もし難しかったら河合のステップアップノートでもなんでも良いので、最低限の文法は語呂合わせで良いので暗唱できるようにしてください。単語と文法が頭に入れば、あとは過去問なり問題集なりで数をこなすと自然と読めるようになると思います。夏までにセンターレベルは1問ミスまで持って行きたいですね。
漢文は句形さえ覚えてしまえば1ヶ月2ヶ月で充分合格点を狙えます。早覚え即答法かヤマのヤマがおススメです。

日本史は細かい用語の前に流れを頭に入れるようにしてください。実況中継、それが重ければ超速日本史(表紙が派手なやつです)でも良いと思います。細かい用語は一問一答を使えば良いと思いますが、私のオススメは東進の方でなく石川先生のターゲットの方です。難易度順に掲載されているので、日本史が苦手な人でも負担が少なく楽に知識を増やせます。

英語は順調なようなので割愛します。まだ時間はあるので焦ることはないですが、夏休みまでに改善されていないとかなり厳しくなると思います。そこまでが勝負だと思って頑張ってください。応援しています!

みんなが読んでる記事一覧