怠け癖が抜けない

僕は、中学時代に夢は決まっていませんでした。だからいつどんな夢を見つけてもいいようにとても頑張りました。努力なら誰にも負けない自信がありました。そこまで頑張ったからか無事そこそこの高校に入れたら燃え尽きてしまって今ではほとんど勉強のモチベーションが上がらずに2年生になってしまいました。今では本当に昔の自分が尊敬できます。高校に入って夢を見つけて志望大学も決めたのに怠け癖がついてなかなか中学の時のように頑張れません。本当にどうしたらいいのかわかりません。助けてください

回答者:慶應義塾大学経済学部 キリンマダラさん

本当に危機感を持てていないからだと思います。
人間、本当に危機感を持てば行動に移すものです。
どんなに定期テストの勉強をしなかったとしても、留年の危機になれば勉強しようと思うはずです。

まだ質問者さんの心の奥底で「時間はまだある」「高校受験も成功したし、大学受験もなんとかなるだろう」という甘い考えがあるのだと思います。
大学受験は本当に厳しいです。高校受験は地域戦ですが、大学受験は全国戦です。
甲子園に出場できる地域では強い高校が、全国戦になると手も足も出ないといったことがよくありますよね。
そうやって、大学受験も同じで、日本全国の中から賢い人から順番に良い大学に行きます。
その中には中学受験を経験し、超進学校に通っている生徒から帰国生も含まれす。
その人たちと同じ土俵で戦うことが難しいことだということは理解できると思います。

その中で勝つことどれほど難しいことかまだ実感はできないと思いますが、それを実感できるのは落ちた時です。
僕も現役の時に慶應経済に落ちて初めて、慶應の難しさに気づきました。学力もあったし、過去問でも解けてたし、案外余裕じゃね?とか思ってた自分が恥ずかしくなったのを覚えています。
でも質問者さんに落ちて欲しくはないです。現役で第一志望に合格するのがベストですから!

今危機感を少し持てているからこの質問をしてくれたと思います。このままではあっという間に時は過ぎてしまいますので、今日から頑張って欲しいと思います。
「今日頑張れない人は、明日も頑張れません。」

応援しています!

みんなが読んでる記事一覧