数学受験か地歴受験か

慶應の経済志望の高3です。数学か世界史で受けるかで迷っています。数学は好きなのですが、とても成績が悪くて、(進研で偏差値55くらい)このままでは大丈夫かと思い、1年の時に習っていた世界史にしようか迷っています。
しかし、世界史の記憶はほとんど無いです。また、慶應は数学を使うA方式の方が受かりやすい、倍率もかなり違う、という事をよく目にします
どの科目で受けるべきでしょうか。

回答者:慶應義塾大学経済学部 若鮎@慶應さん

慶應経済Aの方が倍率が低いのは確かですが受かりやすいわけではありません。
経済Aは数学の強い理系や東大京大一橋志望が受けてくるのでライバルのレベルはかなり高いです。
しかし、数学は全てできなくても受かるのも確かです。年々難しくなっており、実際自分もあまりできませんでしたが受かりました。
英語で理系に差をつけられるなら数学で受けることを勧めます。しかし、成績があまり伸びていないようなのであれば、地歴の方が確実に点数は取れるのでそちらの方がいいですが、Bは他の英語や小論文も失敗できません。過去問などを解いて見て得意不得意を見て決めるのが一番いいです。

みんなが読んでる記事一覧