早慶世界史の論述について

論述対策っていつから始めたらいいのでしょうか?
論述用の問題集など必要ですか?
教えてくださると嬉しいです😊

回答者:慶應義塾大学法学部 だいくんさん

対策の問題集は個人的には必要ないと思っています。
慶應経済と早稲田法の過去問の論述部分を20年くらい解きまくりましょう。
対策を始めるのも10月後半か最悪11月中旬くらいで充分です。

とにかく早慶の世界史論述は、基礎的な知識を確実に自分のものとしているかが問われます。
つまり、論述対策よりも知識を定着、論理構造を構築させることに時間をかけるべきです。
時間と場所の両面から世界史の”体系”を考えましょう。

例えば、(まだやってない範囲だったらすみません。1890年代の西欧史を例にとります)「シオニズム運動とはなんですか?」と聞かれた際に、「ユダヤ人がパレスチナで民族国家を建設しようとする思想的運動」と説明が出来てかつ、「民族国家とは何か、どういう背景で生まれた概念なのか」ということや古代オリエントのヘブライ人の歴史、シオニズム運動が起こる契機となったドレフュス事件の情報などが、同時に頭の中に浮かぶように、知識を習得、物事の関連性を整理しておくということが大切です。

みんなが読んでる記事一覧