慶應法に必ずしもパス単は必要でしょうか?

慶應法志望の浪人生です。
シス単をほぼ完璧にしたので単語王をやって居るんですが自分に合わない気がしてきました…
そこでパス単準一級が慶應にはいいと聞いたのですが単語王をこれ以上やらないでパス単をやるというのと単語王をやり続けるのどちらがいいでしょうか?

回答者:慶應義塾大学経済学部 キリンマダラさん

お答えします。
シス単を完璧にしたのであれば、単語王ではなくパス単準一級or速単上級編に入るべきです。
理由は明確で、シス単と単語王のレベルパス単ほぼ同じだからです。
慶應法では難単語の類推問題が出されますが、これは解答方法が明確にあり、ある程度は絞れます。
つまり、これは単語を知っているかではなく、論理的にいかに解けるかが鍵になっていると言えるでしょう。
もちろん、知っている方が簡単に解けますが、かなりレベルの高い単語が多いので効率がかなり悪いです。
この問題のためにパス単準一レベルをやるのではないです。
やる目的は、慶應法では長文などで難しい単語が出てくるからです(準一級含め、それ以上のものも)

慶應法志望の人はパス単準一をしているor速単上級編が多いです。
多くの人がしている単語帳なので、この2つのどちらかをやることで、周りに差をつけられることはないです。
僕も実際、シス単→速単上級→パス単準一をやりました。
単語帳は2冊、浪人して時間があるなら3冊までにして下さい。
数ではなく質です。本番までに何回繰り返すことができるかで勝負は決まります!
なので、単語王はやめて、速単上級編orパス単準一に入りましょう!

みんなが読んでる記事一覧