赤本は早くからやるべき?

早稲田の文学部志望の高3です。
わたしの周りの先生には、
赤本は早くから始めるべきだ。今からでも遅いくらいだ。
と言う先生と
赤本は基礎を固めてからはじめるべきだ。
と言う先生とがいます。
わたしは基礎がまだまだ甘いと感じてはいるのですが、どちらの言葉を信じれば良いかわかりません。
現役生の意見が聞きたいです!

回答者:慶應義塾大学経済学部 キリンマダラさん

こんにちは。お答えします。
【基礎が固まっていない】
基礎が固まっていない。例えば英単語が覚えれていない、センターレベルもままならないのであればそれらが終わってからです。
現役生であれば、夏休み中に第一志望の過去問を一度解くだけで大丈夫です。
それは傾向を知るために解きます。
英作文が出る→それに向けて新しい参考書をやらなければならない。
こういった風にあくまで傾向を知り、対策を立てるためです。
目安としては、10月から過去問を解き始めて下さい。
ただし、1つ注意点があります。
早稲田志望とのことですが、滑り止め(MARCH)の過去問は9月から入っても良いと思います。
受験が近づくにつれ、早稲田対策に追われ、MARCH対策をしなくなるので9月から徐々に解いておくと良いです。
学力的にも、MARCHは合格点取れるレベルにあると良い調子だと思うので、1つの指標にもなりますし。
頑張って!

みんなが読んでる記事一覧