模試結果の推移

先輩方は模試などでコンスタントに良い判定など取れてましたか?偏差値など安定しないので心配です。
過去問を重視するべきでしょうか。

回答者:慶應義塾大学商学部 タイさん

偏差値は低めで安定してました笑笑

基本的にE判定でしたね。

自分は、第一志望に落ちてるし、他にも落ちてる学校たくさんあるので、模試の判定は確かにあてになります。

ただ、てびさんが言うように、模試よりも過去問の方が全然大事です。このことは、中学受験を経験していた自分にとっては、すでに分かっていたことなんで、模試の成績が悪くても、確かに焦るし不安に思いますが、自信を持ち直して、日々の勉強に努めました。

自分は、模試は苦手でした。なぜなら、対策のしようがないからです。英語とかで、「この長文に何分かけていいの?」とか考えてると、その長文を読むことに集中しきれずに、結局自分の実力は中々出せませんでした。

本番の入試では、過去問対策をして念入りに戦術を建てた状態で、戦いに行けます。

一橋の英語で一例をだすと、

まず、英作文から解く。
時間は20〜25分で終わらす。
ここ最近、傾向がコロコロ変わってるから、本番でも何が出るか分からないから、何がでても慌てず対処する。まずは、日本語で書きたいことを明確にしてから、そこから英語で書く。細かいミスをしがちだから、書き終わったら、絶対に見直す。

次に整序英作文
ここは、点のとりどころ。そんなに難しくないから、多少ゆっくりでも丁寧に解く。例年5問出るから、最低でも3問は正解する。

そしたら、リスニングが始まる
ディクテーションで、3回読まれる。1回目は、どこを書くべきかを捉えて、書くべきことの大枠を聞き取る。2回目でしっかり書き取り、3回目は見直しや細かいところの訂正。

最後に長文2つ解く。それぞれ30分ずつ。
選択肢問題は、1つの長文につき1〜2個でるけど、絶対にとらなきゃダメ。時間かけてもいいから正解する。ここの選択肢問題があってる時ってのは、だいたいの英文の流れが理解できてる時だから、そういう意味でも、正解することにこだわる。
和文英訳も落ちついて。透視図とかでやったことをしっかり活かす。
意味説明問題とか、理由説明問題は、何を答えるかをしっかり捉える。若干の誘導があるから、それにしっかり乗っかる。

こんな感じにやってきます。
過去問対策をすると、こんな風に細かく分析して、戦術をねります。
模試ではこんなことしませんよね。だから、点が取れなくてもしょうがないって自分は思ってました。