国語の勉強時間

今早稲田大学を目指して浪人してます。これから夏に入りますが、いまいち国語は何をしたらいいか分かりません。
毎日現代文と古文の単語を見て、問題を2日に一回くらいのペースで解くくらいで良いのでしょうか?これだと勉強時間が少ないため不安です。教えてください

回答者:早稲田大学国際教養学部 チュナさん

確かに国語は勉強しづらいですよね。科目ごとにまとめて書きます!

①現代文
夏にやっておくべきオススメは、現代文キーワード単語です。入試の文でよく出てくる熟語がまとまっている参考書のような単語帳を、一冊やっておくと秋以降助かると思います。
また、特に早慶ではよく出題される文学者や作品、活躍時期などです。私は高校で配られたプリントと、塾での講座を頼りにしていていましたが、それがまとまっている参考書もあるのでオススメです。私は東進の板野先生のがわかりやすくて良かったです。
また、本当の現代文を読む頻度としては、2日に一回でいいと思います。参考書でもいいですし、マーチレベルの過去問でもいいと思いますよ!

②古典
これはまず古文単語を完璧にすることが大切です。やり方としては、まず一周してできなかったところに印をつけます。二週目はその印のついているところだけをやり、それでもできなかったところはまた印を二重にします。これを繰り返します。毎日やるのがいいと思います。現代文と同様に、文学者と作品はマストです。実習に関しては、私はそこまでやらなかったように思います。参考書を一冊か二冊夏にやった覚えがあるので、そのとき直しの中で古文文法を復習していました。
もし古典文法が苦手な場合は、単語帳と同じようなやり方で一冊やっておくと安心だと思います。

③漢文
まずは句形を覚えましょう。レ点などの規則もです。正直夏はそれだけで十分だと思います。それから過去問を解いていく中でまた忘れていた句形は復習という形で十分です!あとは、センターの漢文は満点が取りやすいと言われますが、演習を重ねないと意外に時間がかかってしまったりするので、余裕があればセンターの漢文もやっておくといいと思います!

みんなが読んでる記事一覧