やっておきたいシリーズ

やっておきたいシリーズについて質問です
先輩方はどの時期にどの文字数をやってましたか?
あと、直接書き込みして解答してましたか?具体的なやり方も教えていただけると嬉しいです

回答者:慶應義塾大学商学部 タイさん

高3の4月にやっておき500
高3の5月下旬から6月上旬にやっておき700
やってました。

やっておき1000はやってません。
700と1000のレベル差はそれほど無さそうだったのと、一橋では1000語レベルの長文はほとんどでないからです。

やり方は、自分は直に書き込みましたね。
2回目解くことはしないだろって思ってたからです。
音読はしましたが、CD付いてないんで、そこまで音読にこだわらなかったですね。

それで、丸つけにそれなりに時間かけました。
というのも、文章が読めることよりも、正解を導き出せることに重きを置いたからです。

やっておきの設問は、意味説明とか、理由説明みたいのもあるじゃないですか?そういう設問で、どこを解答の根拠にするか、また、何を解答の要素に加えるかなどを考察しましたね。

んで、もちろん文構造の確認と、単語・熟語の確認もしました。

自分はやっておきシリーズはそんなに重要視しませんでしたね。
理由は、やっぱりCDがないことです。音読がやりにくいんですよ。
やっておきシリーズに求めた意味は、
「毎日長文に触れるための教材」ってところですね。

みんなが読んでる記事一覧