リスニングについて

青山学院大学など、MARCH以上のレベルの大学のリスニング対策はいつから、また、何をやったらいいでしょうか??

回答者:慶應義塾大学商学部 タイさん

まずは、自分のことから話しますり

自分は、高1から細々とリスニングを続けてましたよ。

高1からずっとABCニュースってのを毎日聞いてました。
ネットで調べれば出てきて、無料で聞けます。
毎日5分なんで、ほとんど負担になりません。

また、高2の3月から、解いた長文のリスニングをやってましたね。レベル別問題集だと、CD付いてるんで、それをやってました。
何回も聞いて英文覚えるくらいまでやりました。

センターリスニングは、高3の6月からは、40点下回ることなかったんで、あんまり対策しませんでした。
本番も44点だったんで、まあ自分の中では満足してます。

また、夏休みに練習として、国公立のリスニング問題を何個かやりました。(東進の講座で、そういうのがありました)

それと、一橋用にディクテーションの練習しました。
一応書いとくと、東進の基本例文300を使って練習してました。

基本的に自分がリスニングにおいて大事だと思うのは、しっかり英語を聞ける耳を作ることが大事です。
自分は、ほかの回答とかで、「過去問対策が大事だよ〜」ってよく言ってますが、リスニングについては、少し考え方が違います。
やはり、英語をしっかり聞けないと戦えないですね。

だから、英語を毎日聞いて、英語をしっかり聞ける耳を作ることをオススメします。今からでも遅くないです。

オススメは、やっぱりABCニュースですが、
NHKのラジオ講座とか、Tedとかもいいですね。
英語の教材った感じじゃないんですが、白熱教室とか、WWYDなんかは興味があったら面白いと思いますよ。
白熱教室は、ハーバード大学の授業を英語で聞くやつです。マイケル・サンデルのやつは有名ですね。
WWYDは、差別実験が題材です。最近自分もよく聞いてます。

そして、もちろん過去問対策も大切です。
英語を勉強聞ける耳を作れなくても、過去問対策しとけば、人並みにはなると思います。
青学とかのリスニングはやったことないんで、アドバイスできないんですが、早めにやっておいた方がいいと思います。

まあ、自分が一番言いたいのは、
「英語でしっかり聞く耳を作る。そのために、毎日英語を聞く」です。
今からでも間に合います!頑張ってください!