基礎って何?

英語の基礎が大事!と言われますが、一体基礎は何をどこまでしたら基礎が定着している。とわかるのですか?

回答者:慶應義塾大学経済学部 キリンマダラさん

お答えします。

英語における基礎とは、大きく分けて3つあります。

①英単語をターゲット、シス単レベルまで完璧に覚える。

②英語長文がある程度の速さで読める

③文法の基礎的なことが覚えている。

この3つができていれば、センター試験で8割は取れます。
つまりは、英語の基礎ができた状態とはセンター英語8割が1つの指標にはなると思いますね。

①ですが、英語は言語です。単語を覚えていなければ話になりません。

だから基礎です。

でも、単語を覚えているだけでも読めないです。

そこで②のある程度の速さで読める長文力。これは音読や精読によって鍛えられます。

ある程度の速さで読めないなら、本番試験では全く読めないのと同じなので、ここも基礎ですね。

③の文法も当然基礎です。仮定法が分からなければ読めない長文もあります。というように代表的な文法を覚えることも基礎だと言えます。

頑張って!

みんなが読んでる記事一覧