センター対策するべきか

私は慶應大学以外行きたくないのですが、その場合でもセンターの過去問(英語)を解いて、8割以上取れるようになってから上のレベルの勉強をした方がいいのでしょうか?
よくセンターは基礎だから出来ないと基礎が出来てないと言われますが、正直いって慶應とセンターの問題は全然違います。センターの問題はやるところが多いので私にとってはあまりやる必要を感じられません。やはりセンターの過去問を解いてから上のレベルに進むべきなのでしょうか?
慶應大学は長文が出来なければ合格しないのでセンターの問題が満遍なく出来るよりも長文の勉強をした方がいいと思っています。
受験科目は英語と日本史、小論文です。
何かアドバイスよろしくお願いします!

回答者:慶應義塾大学経済学部 キリンマダラさん

よくある疑問ですよね!お答えします。

【センター試験8割を超えてから、上のレベルの勉強をした方がいいかについて】

そんなことはないです。センター試験150点超えていて、それまでの参考書が完成したならば次に移って下さい。
上のレベルをやることで、センター試験が簡単に感じ、8割超えるようになると思うので、そこの心配はいらないと思います。

ただ、センター試験8割を超えていないのに、慶應義塾大学の過去問をやることはオススメしません。
勿論、傾向としては違いますが、センター試験8割を取れない学力では慶應の問題と戦える状況ではないです。
上のレベルまでやり、それでもセンター試験8割を取れないのであれば、根本的に勉強の仕方が間違っていると思いますので、改善して下さい。

慶應に受かる実力があるならば、センター試験8割は必ず超えてきます。
いわゆる最低条件なので、8割取れたから受かるとも限りませんのでそこは勘違いしないで下さい!
慶應の入試に出場できる切符のようなものです。
W杯に出れるだけ。一回戦敗退のような惨敗の可能性も大いにあるということです。

頑張って👍