記述式はどの程度やれば良いのか

林檎投稿 2019/3/3 16:44

高2 文系 栃木県

早稲田大学志望

早大法志望の新高3です
早稲田法学部は国語がとても難解であると聞いたのですがマーク形式の問題だけやっていると太刀打ちできないと聞きました。
そこで記述式の問題をやろうと思うのですが
どのレベルの問題集をやればそして
できるようになればいいと思いますか?

現在のレベルはセンター国8割 進研記述7.5割です

よろしくお願いします。

回答

やまたく投稿 2019/3/3 17:30

早稲田大学法学部

早稲田法学部に合格したものです。
早稲法の国語は、上位私立校の中でもかなり難しいと言われており、自分もかなり苦戦しました。
何がそんなに難しいのかというと、まず年によって異なりますが本文そのものの難易度がかなり高く、しっかり理解するのはかなり大変です。さらに、問題の選択肢に関しても簡単なものと難しいものがはっきりしており、この難しい方のものが難易度を上げている一つの要因です。そして林檎さんの言う通り、毎年大体120字以上の記述があり、これも本文全体を理解した上で書かなければならないのでレベルはかなり高いです。
さて、記述式の問題集についてですが、僕はそのような参考書はまったくやりませんでした。というのも、僕の信頼している国語の先生にこう言われました。「早稲法の国語は、普通の参考書や普通の対策では太刀打ちするのは難しい。とにかく過去問を解いて解いて解きまくって、傾向に慣れるしかないよ」と。僕はその教えに従って、早稲法の国語に関しては出来る限りたくさん解く以外に特別な対策はしませんでした。
この時、問題を「解く」だけでなく、「理解する」ことが大切です。もちろん、直前期には時間を意識して解くべきなのですが、早稲法の国語はとにかく骨の折れる問題が多く、各予備校でも毎年違った解答を出していることもあります。だからこそ、自分が納得するまで本文を読み、解答や解説(僕は駿台が出している青本を使ってました)をしっかりと読んで本文を自分のものにし、解答に至るまでのプロセスまでも自分のものにすることが大切です。
また、記述式の問題に関しては、書いたら先生に添削してもらうと良いでしょう。とにかく記述は書いて練習するしかないと思います。
もちろん、記述式の問題集をやってもいいと思いますが、僕はそのような参考書をやらずに記述を書けるようになったので、もしよければ僕のやり方も視野に入れてみてください!
あと、早稲法の国語は毎年似たテーマが出ることが多いと思います。そのようなことも、過去問を通じて分析してみてください。
また何かあればコメント等で聞いてください。
大変だと思うけどがんばれ!!

68F7AD60508D477494236F651C9A1B34
BF1D5A67DAAE4EACA09264F1989015BB
qfitQmkBTqPwDZPuW430