過去問解いてからの分析の仕方

まろ投稿 2018/10/23 23:02

高3 文系 埼玉県

早稲田大学志望

早稲田大学社会科学部志望の高3です。

私は11月から赤本を解こうと思ってるのですが、よく、赤本を解いたら分析をして戦略をたてる事が大事と言われます。
具体的にどんな風に分析をしたらいいのでしょうか?
また、戦略の立て方などもありましたら教えて頂きたいですm(_ _)m
(この設問は難問が多いから5分で解いてこっちの設問に時間をかけてこの設問は満点とる…などの時間配分の考え方などです)

教科は英語、現代文、古文、漢文、日本史です。

回答

くれやま投稿 2018/10/24 01:56

早稲田大学教育学部

初めまして。早稲田大学の一年生です。
まず用意するものは2枚の方眼紙による「過去問リスト」と「点数表」です。

☆過去問リスト☆

①方眼紙の左縦列に解くべき過去問の大学学部を書きます。

②横書きで1マスごとに教科で色分けした年度を書きます。
(例:2019年度版を3年分2周解く場合→赤で18 17 16 18 17 16、緑で18 17 16 18 17 16、橙で18 17 16 18 17 16)

③入試当日までに消化すべき過去問を視覚化するために解き終わったら年度に斜線を引きます。

☆点数表☆

①方眼紙の左縦列に解くべき過去問の大学学部年度を書きます。

②方眼紙の最上段にに英、国、社、計(得点率)、合格最低点と書き、合格最低点の欄を事前に埋めます。

③採点結果を記入し、マーカーで以下の印を付けます。
1周目:最低点-3%以下なら赤マーカー、 5%以上なら青マーカー
2周目: 5%以下なら赤、 15%以上なら青
3周目: 15%以下なら赤、 20%以上なら青
(多分真っ赤になると思います)

このように記録をつけると高得点を目指すゲームのような感覚を味わえて楽しいです。
そしてここまで気を配って過去問に取り組んでいると、次に高い点数を取るために無意識に分析できちゃっているはずです。九九をするのに分析や戦略が必要ないのと同様に、量をこなして過去問を熟知することが最も楽だと思われます。

具体的な過去問の進め方については私のページの「過去問が解けない」をご参照ください。

768BDFCE1D194C9F9BD5322287FCFCCD
B93A8459F055426492586FA9C253C63B
wMTboWYBTqPwDZPuPIlZ