落ちる受験生の特徴

慶應経済志望です!受かる受験生の特徴ではなく、落ちる受験生の特徴を教えてください!

身近に居た人から感じたことや、自身の体験談など、なんでもいいのでお願いします!

回答者:慶應義塾大学文学部

落ちる受験生の特徴として惰性であることや生活習慣が乱れていることなどは言うまでもないのでそういったこと以外で答えさせていただきます。
まずは、社会科目に頼っていい判定を出して満足している人です。春夏は、歴史科目さえできればそこそこの判定がとれてしまいます。

しかし、最後の模試が終わってから入試までの2ヶ月で、英語が仕上がった人達は猛烈な社会の追い込みにかかり、ほとんど差がつかなくなります。
また、入試は模試と違って、鬼門難問を混ぜて意図的に社会で圧倒することを阻止しています。社会で点を取って、いい判定をだすことよりも、英語の出来を気にしましょう。

あと、あなたが志望しておられる慶應経済なら友人が受けましたが、自由英作文の対策に躍起になり、長文読解が疎かになってしまい、失敗したと言っていました。
自由英作文を途中答案で出したものの合格した友人もいたので、あくまで読解が中心だと思った方がよいでしょう。

みんなが読んでる記事一覧