日本史の効率的な勉強方法

私は高校三年生で、慶應の法学部志望です。
日本史の勉強法について悩んでいます。

現在は教科書中心の勉強をしていて、重要語句に暗記ペンで線を引いてそれを暗記しながら内容を頭に入れています。確認用に一問一答をやっていますが、実践問題にふれられていません。

そこで質問です。
1、山川の用語集をやるべきか?
2、どのくらい暗記したら、過去問や実践問題に取り組むべきか?
3、効率的に覚える方法は何か?

質問が多いですが、ご回答よろしくお願いします!

回答者:慶應義塾大学商学部

1.慶應法は難単語を穴埋めさせてくる確率が高いので、それらの単語を知っておくためにも用語集は常日頃からチェックしておくべきだと思います。 加えてあれだけの内容を覚えていれば自信に繋がると思います!

2.どれくらい暗記したらというのは気にしなくていいと思います。過去問や実践問題をやりながら暗記していくものなので。具体的には、二週間に一回ずつ、センター過去問やセンター予想問題集を解いて成長を確認していくというのがオススメです。

3.語句を目で見て、声に出して、耳で聞く(余裕があれば書く)のが良いと思います!知識を徐々に脳に染み込ませていきましょう。

日本史はやればやるだけ伸びる素直な教科ですので、続けているうちに楽しくなるはずです!頑張ってください!

みんなが読んでる記事一覧