世界史で時代の流れや背景を説明せよと言われると途端に解けなくなる人向けの対策法

こんにちは。私は地歴は世界史で慶應の法、文を受けるのですが、世界史演習をしている時に問題を解く事は出来てもその時代の流れや背景を説明せよと言われると、なかなか出来ないです。

ですが、問題はそこそこ解けているため本当に理解しているのかがあまり分からないです…。

理解不足と感じた部分は何度も復習しているのですが、あまり流れを掴めていないような気がして不安です。

流れを掴むのと、問題を解くことが出来るのってどう違うのかよく分からず、このままでは秋以降厳しくなりそうな気がして怖いです…。

このような場合は、どんなことをするのが効果的ですか?

回答者:早稲田大学社会科学部社会科学科1年生

問題とは別に、歴史の流れを確認するノートを作ってみるのはどうでしょうか。

問題を解いていて、その背景知識や流れがあやしいな、と感じた語句があれば、その度に教科書を呼んで流れを箇条書きでまとめていけば、分かりやすいし、何より頭の整理になります。

あとは、歴史の流れを本当に徹底して理解したいなら、筑波大学など国公立大学の記述問題を解いてみてもいいかもしれません。

自分が何を分かってて何を分かってないのかがはっきりすると思います。ただこれは若干オーバーワークな気もするので、自分で調整してやってみてください。

みんなが読んでる記事一覧