早慶生は、なぜ辛い勉強をしてまで早慶に入りたかったのか

みなさんはどうして辛い勉強をしてまでトップの早慶に入ろうと思っていましたか?

最近なぜかと悩んでしまうのでよろしくお願いします。

回答者:早稲田大学国際教養学部3年生

具体的に将来こんなことをしたい、というビジョンがあり、それを実現するために自分に一番あった場所が今の学部でした。

自分でたてた目標だから絶対達成しようと思い続け、また、受験勉強は夢への第一歩だと考えて勉強も頑張れたと思います。

苦しくなったら、第一志望に入って毎日憧れの大学に通っている自分と、不合格になって落ち込んでいる自分を想像してみてください。

自ずとやらなければいけないことは分かるはずです。

それでもどうしても気持ちがついていかなければ、またここで相談してくださいね。

みんなが読んでる記事一覧